埼玉県立熊谷西高等学校校歌

作詞  小沢洋太郎 作曲  櫻井  将喜

1.青垣秩父 みはるかす
歴史もふるき 武蔵野に
未来を拓(ひら)く 創造の
知恵と力を 磨きゆく
熊谷西高 われらが母校

2.流れも清き 荒川の
めぐみあまねき この山河
永遠(とわ)にかわらぬ 友情と
燃ゆる生命(いのち)を 育てゆく
熊谷西高 われらが母校

3.高き理想と 感激は
かざす銀杏の 旗じるし
世界を望む 若人の
精気の叫び ここにあり
熊谷西高 われらが母校

    

校章

由来

本校は埼玉県北部の中心都市熊谷市の西部に位置し、間近には秩父連山、西方から北方にかけて浅間・榛名・赤城・日光の山々を望み 見る関東平野の一角にあります。 ここに学ぶ生徒達が、豊かな自然の恵みを受けて、知恵と良識を兼ね備えた調和のとれた人格を形成し、学校が地域社会と緊密な連携を保つ高等学校となるようにとの願いをこめてこの校章が制定された。(台の円形は調和を表わし、銀杏の葉は熊谷市の「市の木」で地域社会との連携を表わす。) この校章の図案は妻沼町の青美会会員『須藤正吉氏』によって製作されました。