同窓会通常総会について

1.開催日程 毎年9月に開催される西高文化祭開催日の行われます。
2.開催場所 西高合宿所2階
3.内容 @同窓会近況報告(同窓会長)
A母校近況報告 (学校長)
B事業報告(事務局)
C決算報告(事務局)
D監査報告(監事)
Eその他(適宜)

 

同窓会執行部よりお願い

総会に出席いただいた皆さん、今年も出席と審議ご苦労様でした。

このホームページをご覧いただいた同窓会員の方、是非『母校の今』を見にきませんか!
すでに卒業年次の古い方の会員におかれましては、高校生の子弟を持つ方も多数いらっしゃるかと思います。
ご家族揃って西高文化祭見学の間に総会にも顔を出してみませんか・・・
総会も堅苦しくなく数十分で終わります。是非ご出席下さい。
同窓会員の皆様の出席を執行部一同お待ちいたしております。


近年の総会のご報告

近年も毎年総会は無事開催され、そして各議事が滞りなく審議されております。
以下に議事録を掲載し、ご報告申し上げます。

       平成28年度同窓会総会 議事録
平成28年8月28日(日)午前10時00分〜午前11時00分  熊谷西高進路資料室
司会:高草木理事
次   第
1.開会の言葉・・・中西理事
2.会長挨拶・・・・志村会長
3.学校長挨拶・・・浦部学校長
4.議事  (議長)会長
  @会計報告・・・事務局(荒木西高事務長)別紙決算報告書により報告
  A監査報告・・・関口監事        別紙監査報告書により報告
  B予算(案)提案・・・事務局より(荒木事務長)別紙予算書(案)により提案
  以上@〜Bまでについては、討議の結果、異議なく全員の拍手をもって可決承認された。

  C事業報告・・・会長
   * 同窓会入会式・・・平成28年3月(卒業式の予行日)に開催

  D学校より打診のあった事項
   * 合宿所兼食堂に名称をつけ、その名称の「銘板」を同窓会で寄贈いただけないか
     との打診があった件について、校長より説明いただいた。
   * 上記説明をいただいた後、出席者全員に意見をいただき討議をした結果、以下の
     内容にて決をとり可決承認された。
     (1)本件打診のあった件については、寄贈する方向で進めること。
     (2)具体的な名称・デザインが決まっていない関係から、具体的な見積りを
       取ることは難しく、前段の校長の説明であった通り、40周年事業の正門
       銘板の金額から勘案し、「上限30万円程度」を目安とし、以後の判断は、
       同窓会長に一任すること。
     ※本件とは別に30周年事業で寄贈した「AED」の機器本体の更新時期が到
      来することに触れ、こちらについては学校側(後援会予算)にて対応方針
      である旨の確認を会長が校長に確認済みであることの発表があり(今後は
      消耗品や更新が発生するものより、長く本校発展のために役立つものを寄
      贈していく方向性の確認をした)


6.閉会の言葉・・・高橋理事

 出席者(敬称略、参加者名簿記載順・カッコ内卒業回次)
  中西仁美(S55)・高草木文雄(S54)・倉持淳一(H 7)・中村光一(S53)・
  志村一幸(S53)・関口光英(S54) ・高橋博之(S62)・石川千穂(S58)・
  石井典子(S58)・加藤政明(S55) ・清水 互(H 1)・橋本 忠(H 1)
  以上12名
 学校側 浦部学校長・石川教頭・小林教頭・荒木事務長 以上4名
 合計16名




       平成27年度同窓会総会 議事録
平成27年8月30日(日)午前10時00分〜午前11時00分  熊谷西高進路資料室
司会:原副会長
次   第
1.開会の言葉・・・高橋理事
2.会長挨拶・・・・志村会長
3.学校長挨拶・・・浦部学校長
4.来賓挨拶・・・40周年実行委員会 田口実行委員長(都合により
          欠席のため、予め託された挨拶文を志村会長が代読した)
5.議事  (議長)会長
  @会計報告・・・事務局(門倉西高事務長)別紙決算報告書により報告
  A監査報告・・・関口監事        別紙監査報告書により報告
  B予算(案)提案・・・事務局より(門倉事務長)別紙予算書(案)により提案
  以上@〜Bまでについては、討議の結果、異議なく全員の拍手をもって可決承認された。

  C事業報告・・・会長
   * 同窓会入会式・・・平成27年3月(卒業式の予行日)に開催
   * 創立40周年準備委員会に正・副会長が出席

  D役員改選について
   下表のとおり、前年度役員がそのまま再任の形で可決承認された。
    
卒業年次職務分掌氏   名  備  考  
1回顧問中村光一  
1回会長志村一幸(学校側)40周年実行委員
2回副会長原 力也(学校側)40周年実行委員
2回理事高草木文雄 
3回理事堀川 孝 
3回理事加藤政明 
3回理事中西仁美 
5回理事川上裕之 
6回理事石川千穂 
10回理事高橋博之 
14回理事鯨井和也 
16回理事樽見 潔 
17回理事白川 始 
20回理事山本英男 
21回理事久保田泰広 
2回監事関口光英 
23回監事平岡(上林)妙子 
 Eその他
   * 創立40周年事業関連
     門倉事務長より、40周年記念式典の出欠について未確認の方へ確認がされた。


6.閉会の言葉・・・加藤理事

 出席者(敬称略、参加者名簿記載順・カッコ内卒業回次)
  樽見 潔(16)・中西仁美(3)・宇野裕美(5)・高草木文雄(2)・鯨井和也(14)・
  山本英男(20)・長島徹人(34)・初雁澄夫(5)・倉持淳一(18)・中村光一(1)・
  志村一幸(1)・原 力也(2)・関口光英(2)・高橋博之(10)・石川千穂(6)・
  石井典子(6)・加藤政明(3)
  以上17名
 学校側 浦部学校長・鈴木教頭・石川教頭・門倉事務長 以上4名
 合計21名




       平成26年度同窓会総会 議事録
平成26年8月31日(日)午前10時00分〜午前11時00分  熊谷西高進路資料室
司会:加藤理事
次   第
1.開会の言葉・・・原副会長
2.会長挨拶・・・・志村会長
3.学校長挨拶・・・本多学校長
4.来賓挨拶・・・40周年実行委員会 田口実行委員長
                        山田PTA会長
                        松本後援会長
5.議事  (議長)会長
  @会計報告・・・事務局(門倉西高事務長)別紙決算報告書により報告
  A監査報告・・・関口監事           別紙監査報告書により報告
  以上@〜Aまでについては、討議の結果、異議なく全員の拍手をもって可決承認された。

  B事業報告・・・会長
   * 同窓会入会式・・・平成26年3月(卒業式の予行日)に開催
   * 創立40周年実行委員会に正・副会長が出席

   Cその他
   * 創立40周年事業関連
     @本多校長より
      「生徒相談室」新設について
        教室等の空きが無く、他校では設置されている「生徒相談室」を新設したい。40周年事業の
        本体会計の予備費からの支出を予定しているが、体育館用の椅子(40周年式典までに不足分
        を補充検討中)購入予算もあり、状況によっては来年度の本総会にて同窓会からの寄付を打診
        したいと考えているとの申し出あり。
        ・・・協議の結果、議事録に記録するのみとし結論は保留とした。
     A門倉事務長より
      「校名の懸垂幕」について
        同窓会にて寄贈した「校名の懸垂幕」については、現在強風時には”1階に取り込んで”いる
        が、校舎のある環境(北風が強い)を考えると、数年後には痛んでくると思われる。その際に
        は消耗品扱いで更新したいがいかがとの話。
        ・・・協議の結果、本件についても、学校側より上記の申し出があった旨を議事録に記録する
        のみとし、結論は保留とした。
     B山本理事(本校教諭)より
      「30周年時に寄贈した進路資料室」の出入り口のオートロック化について
        山本理事個人の見解と前置きの上、当施設のオートロック化を同窓会で検討願えないかとの話。
        ・・・校長より、学校側として生徒指導上の問題もあり、検討は保留したいとのこと。記事録に
        記録するのみとした。
     C同窓会長より
       別紙資料により、「創立40周年記念講演会」に同窓会員も参加いただけるよう学校側で座席を
       用意いただいた旨を説明した。時間的な問題もあり、告知は本総会上とし、この場で出席希望者
       は申し出いただきたいとのこと。

6.閉会の言葉・・・高草木理事

 出席者(敬称略、順不同、カッコ内卒業年次)
  原 力也(2)・関口光英(2)・高草木文雄(2)・久保田泰広(20)・樽見 潔(16)・中西仁美(3)・
  石川千穂(6)・石井典子(6)・加藤政明(3)・鯨井和也(14)・高橋博之(10)・山本英男(20)・
  長島徹人(34)・志村一幸(1)
  以上14名
 学校側
  本多学校長・安部教頭・門倉事務長
  以上3名
 来 賓
  田口40周年実行委員長・山田PTA会長・松本熊谷西高後援会会長)
  以上3名

  合計20名



       平成25年度同窓会総会 議事録
平成25年9月1日(日)午前10時00分〜午前11時30分  熊谷西高進路資料室
司会:加藤理事
次   第
1.開会の言葉・・・原副会長
2.会長挨拶・・・・志村会長
3.学校長挨拶・・・本多学校長
4.来賓挨拶・・・40周年実行委員会 田口実行委員長
5.議事  (議長)会長
  @会計報告・・・事務局(門倉西高事務長)別紙決算報告書により報告
  A監査報告・・・関口監事        別紙監査報告書により報告
  B予算(案)提案・・・会長より別紙予算書(案)により提案
  以上@〜Bまでについては、討議の結果、異議なく全員の拍手をもって可決承認された。

  C事業報告・・・会長
   * 同窓会入会式・・・平成25年3月(卒業式の予行日)に開催
   * 創立40周年準備委員会3回(会長)出席、実行委員会1回(正副会長)出席

  D役員改選について
    
卒業年次職務分掌氏   名  備  考  
1回顧問中村光一  
1回会長志村一幸(学校側)40周年実行委員
2回副会長原 力也(学校側)40周年実行委員
2回理事高草木文雄 
3回理事堀川 孝 
3回理事加藤政明 
3回理事中西仁美 
5回理事川上裕之 
6回理事山崎千穂 
10回理事高橋博之 
14回理事鯨井和也 
16回理事樽見 潔今回新規選出
17回理事白川 始 
20回理事山本英男 
21回理事久保田泰広 
2回監事関口光英 
23回監事平岡(上林)妙子 
 Eその他
   * 創立40周年事業関連
     40周年実行行員会田口委員長並びに、本多校長・門倉事務長より別途配布の『熊谷西高
     等学校40周年 第1回実行委員会資料』に基づいて、経緯及び今後の展開について各々
     説明いただいた。

6.閉会の言葉・・・高草木理事

 出席者(敬称略、順不同)
  加藤政明(3回卒)・関口光英(2回)・高草木文雄(2回)・石川千穂(6回)・石井典子(6回)
  樽見 潔(16回)・佐藤貴之(18回)・佐藤真由美(19回)・橋本 忠(12回)
  高沢隼人(28回)・大沢圭太(16回)・高橋博之(10回)・川上裕之(5回)
  山本英男(20回)・中村光一(1回)・志村一幸(1回)
(学校側)本多学校長・安部教頭・鈴木教頭・門倉事務長
(来 賓)田口章雄(40周年実行委員長・熊谷西高後援会会長)



       平成24年度同窓会総会 議事録
平成24年9月2日(日)午前10時〜  熊谷西高進路資料室
司会:高草木理事
次   第
1.開会の言葉・・・加藤理事

2.会長挨拶・・・・志村会長
  はじめに、去る8月24日、本校元教諭の故高山省一先生(昭和50年4月〜同60年3月)
  がご逝去されたことを受け同窓会として弔電を発送したことを報告、その後故人の冥福をお祈
  りし出席者全員黙祷を持って弔意を表した。

  今年は役員改選はなく、通年の議題としては決算報告・監査報告・予算案提案・事業報告等
  であるが、今般学校側より後で提案する3案件を審議するので、円滑な議事進行をお願いし
  たい旨の話があった。

3.学校長挨拶・・・本多学校長
  *本年4月に第13代校長として着任したことをはじめ、別途配布の『学校案内』『学校
   だより』に掲載された内容を含め母校の現況報告をいただいた。
   中でも本校は創立38年目、理数科が創設されて21年目となる。今般『SSH=スー
   パーサイエンスハイスクール』の指定を受けたことをお話いただいた。
   また、今年から本校出身の教諭が2人から5人と増えたことも披露された。

4.議事  (議長)会長
  @会計報告・・・事務局(青木西高事務長)   別紙決算報告書により報告
  A監査報告・・・関口監事           別紙監査報告書により報告
  B予算(案)提案・・・事務局(青木西高事務長)別紙予算書(案)により提案
 以上@〜Bまでについては、討議の結果、異議なく全員の拍手をもって可決承認された。

  C事業報告・・・会長
   * 同窓会入会式・・・平成23年3月(卒業式の予行日)に開催

  Dその他
   今般、学校側より下記3案件について打診されたことを受け、総会討議事項として議長
   より提案された。
   *SSH関連について
    本多校長の挨拶にもあったように、今般本校がSSHの指定を受けたことについて対
    外的にPRする方法としてJR籠原駅の施設を第一候補として“横断幕”を掲出した
    いが、その横断幕作成費用を同窓会で寄付願えないかとの打診

    本多校長他学校関係者より説明を受けたあと討議した結果、同窓会のPRにもなるの
    で、創立40周年記念事業の一環として前倒しで予算執行する形で承認された。

   *同窓会費増額並びに新入会員(卒業生)に記念品を贈呈する件について
    同窓会費については、現行2千円を卒業時に終身会費として納入しているが、近隣他
    校並びに物価の変動等を考えると2千円を見直す機会ではないかとの提案
    ただし、同窓会のPRも兼ねて、卒業時(=入会時)に卒業証書入れを“贈 埼玉県
    立熊谷西高等学校同窓会”の名入れにて記念品として贈呈したらどうか。
    近隣他校でも現行の本校同窓会会費よりも高額の会費であり、またその多くが何らか
    の形で記念品を贈呈しているとの情報も提供された。

    上記提案並びに説明を受けたあと討議した結果、平成24年3月卒業の新入会員より、
    会費増額並びに記念品贈呈を実行することで承認された。

    なお、会費については会則第13条に明記されているので、同時に会則の一部改正も
    承認された。別紙『同窓会会則の一部改正について(案)』を参照

   *創立40周年記念事業について
    創立40周年を数年後に控え、学校(PTA・後援会)も後刻“実行委員会”を発足
    することになるが、同窓会にもそのメンバーとして名を連ねていただきたいがいかが
    か。また誰をメンバーとするかをこの機会に討議いただきたいとの打診あり。

    本件については討議した結果、30周年時のように同窓会単独事業(SL同窓会・花
    火大会等)と学校側との事業(記念誌の発行・祝賀会の開催等)は、会としてまだ何
    も決めていない現状もあり、学校側で実行委員会が組織された場合、30周年の時に
    習い、会長がメンバーとして名を連ねることで承認された。

5.閉会の言葉・・・鯨井理事

(参加者)※順不同・敬称略
  久保田泰広・樽見 潔・鯨井和也・関口光英・加藤政明・
  原 力也・中村光一・石川千穂・石井典子・志村一幸
  高草木文雄・大沢圭太・山本英男・初雁澄夫・高橋博之
  計12名
(学校側)本多学校長・利根川教頭・安部教頭・青木事務長 4名